フラクショナルレーザーって何?

トリアスキンレーザーは美容クリニックのフラクショナルレーザーのご家庭版美顔器っていうけれど、そもそもフラクショナルレーザーって何?っていう人もいると思うんですよね。

 

わたしはたまたま美容皮膚科の仕事をしている知り合いがいるので、レーザー治療の事とかを以前から知識として持ってはいました。

 
一口にフラクショナルレーザーと言っても、フラクセル、フラクセル2、CO2フラクショナルレーザーのeco2など、さまざまな特長をもった機器が何社からか作られています。

でも、実際には美容クリニックって高いし、レーザーも痛いって聞いてたのでそうまでして美肌を目指す気はさらさらなかったんです。

 

フラクショナルレーザーは、レーザー物凄い細さで点状に照射して、熱エネルギーを与えながら皮膚に小さな穴をあけます。

 

すると傷ついた細胞が修復される過程で、肌の再生を行えるという美容医療。

 

お肌の若返り効果、アンチエイジングとしてとても人気があります。

これまでのレーザーによる肌の治療では、強力なレーザーは、肌の深部まで再生を行える反面、刺激の強さがリスクでもありました。

 

それがフラクショナルレーザーの登場で、皮膚の再生による美肌治療が安全に可能になりました。

 

トリアエイジングケアレーザーだって、ほぼ6万円もするので美顔器として安いほうじゃないです。

 

でも本物のフラクショナルレーザーを病院でやってもらうと、1回で10万円とかかかっちゃうんですよね。

 

しかも1度では効果が出きらないから何回か受けたほうがいいです、とかすすめられます。

 

しかも、いくら目に見えないくらい小さいサイズとは言っても、物理的に皮膚の上に穴が開くので怪我とおんなじで、あとには腫れたり治る際にかさぶたが出来たりするんですよ。

 

そんな状態の顔で、会社に行ったり外を出歩いたりできませんよね?

 

あと、紫外線の影響をもろに受けやすくなるので日焼けは絶対に避けなくてはなりません。

 

 

こうなると、いざレーザー治療を受ける場合、何日間かお休みを取れるときとかに予定を組まないと現実的にはキビシイものがあります。

 

美容医療って、お金と時間に余裕のある方のモノのように思います。