肝斑はトリア・スキン エイジングケアレーザーで消せる消せない?

顔のシミは女性にとって深刻な悩みです。

 

よくあるタイプは頬骨のあたりに出来るしみで、紫外線が原因でメラニンが増加してしまったために出てくる症状。

 

若いうちは目立たなくても、加齢とともにはっきりくっきりしてくるのが特徴です。

そもそもが顔のシミは「老人性色素斑」っていうのが正式な病名(?)なくらいですからね。

 

さらに、最近一気に知名度の上がってしまった肝斑。

 

これに悩んでる人もずいぶんといらっしゃるでしょう。

 

 

美白コスメは基本的に、現状よりもシミを増やさない、ブロックする、というのが効果の主軸。

 

既にあるシミやくすみを消すのはあまり得意ではありません。

 

紫外線からの刺激を防いで、メラニンの生成を抑えれば、新しいシミは出来にくくなり、今あるものが老廃物として排出されてしまえば次第に減って行く、という2段論法の発想です。

 

まだ年齢の若い方でしたら、ターンオーバーの周期も28日で新しい皮膚細胞もどんどん作られていますから、この方法でもそれなりに有効だとは思います。

 

 

でも一定の年齢を過ぎてしまえば新陳代謝も活発ではないので、メラニンの排出スピードもそれほど期待は持てません。

 

このため、高価な美白化粧品を何年も使い続けているのにシミが薄くならない、

 

おすすめと言われるハイドロキノンやシミ対策コスメを片っ端からあれこれお試ししてみたのにダメだった・・・

 

なーんていう結果が起こるんです。

 

じゃあ、一生シミがあるままで我慢して暮らすの?

 

考えただけでもお先真っ暗。

 

毎朝鏡を見ては、がっかりする…こんな憂鬱はないですよね。

 

 

そこで手っ取り早いのがレーザーによる「シミ取り」です。

 

美容皮膚科などではQ-YAGレーザーなどで、まさしくシミを剥がしてくれるような治療もあります。

 

というよりも美容医療では「シミはレーザーケアが基本」ともいえるくらい当たり前になっています。

 

シミの大きさで処置の値段は変わってきますが1cm四方で1万円くらいからのクリニックが多いはずです。

 

ところが顔の目立つ部分にできているシミでも、肝斑はレーザー治療があまり効果を奏しません。

 

そもそも肝斑ってしみの出来方が違うんですよね。

 

肝斑と女性ホルモンを結びつけている意見も多いようですけれど、実際には摩擦による刺激が主な原因と考えるべき症状。

 

肝斑が出来ている部分って、じつは顔の中で一番物理的に触っている場所なんですよね。

 

たとえばメイクをするたびにファンデをスポンジで伸ばせばそれも刺激。

 

メイクを落とす際にも頬のあたりからクレンジングを始めますし、洗顔の最中も一番触りやすい部分である事がお分かりと思います。

 

シワにしてもシミにしても、皮膚を擦ることが最大の要因なんですよね。

 

トリアスキンエイジングケアレーザーも、基本的スタンスとしては肝斑は消えない、効果はでないという風になっています。

 

ただ、肝斑を避けないとダメということはありません。

 

メイクやクレンジング、そして洗顔の際に、肝斑部分にできるだけ触れないですむように気をつけていれば、薄くなる可能性も残っていますので諦めないで下さいね。