レーザートリートメントの注意点

レーザーケアを受ける場合に日常生活で注意すべきことがあります。

 

それは日焼けをしないこと。

 

肌にレーザーで刺激を与えているので、さらに外部から紫外線のダメージを受けてはたまったものではありません。

 

トリア・スキンエイジングケアレーザーは日常の夜のお手入れ時に追加してトリートメントするのが基本です。

 

照射直後は赤みが出たり、腫れ感があったり、お肌が熱を持っていることもあります。

 

そのほとんどの症状は一晩経つうちに治まるので問題はありませんし、夜に日光に当たることもありません。

 

翌朝にはお肌の状態がいつもよりよくなっているパターンも多いので、すっかり気が抜けてしまわないとも限りません。

 

UV対策なしに日中外出するような真似はもちろんのこと、室内にいても無防備なお肌は絶対NGです。

 

それから他の美顔器との併用もできるタイプと出来ないタイプがあるので気を付けないと失敗する部分。

 

例えばクリニックではフラクショナルレーザーと導入をセットにしているケースも多いので、このタイプはおすすめできるでしょう。

 

逆にnewaリフトのように肌に対して熱をくわえるような作用のあるタイプは、使用を控えるのが無難ということになります。

 

 

それからある意味一番先に触れるべきかもしれないのがレーザーの痛み。

 

レーザー治療を受けたことがある人なら、トリアはそれほど痛い部類には入らないと思います。

 

でも過去にそういう経験がないのであれば多少の覚悟は必要です。

 

我慢ができないほどの痛みではありませんけれど、かなり刺激は感じます。

 

この刺激に関しては、そんなに痛くないとかすぐ慣れるとか言う口コミも多いので人それぞれ差が大きいようです。

 

いろいろな体験レビューを見ましたが、こういう副作用やデメリットといったトリア・スキン エイジングケアレーザーのマイナス要素に関してわりとよくまとめてあるサイトもいくつかありました。

購入を迷っている方は一度目を通してみると参考になると思います。⇒トリアスキンエイジングケアレーザー効果と副作用の感想

 

肝斑はトリア・スキン エイジングケアレーザーで消せる消せない?

顔のシミは女性にとって深刻な悩みです。

 

よくあるタイプは頬骨のあたりに出来るしみで、紫外線が原因でメラニンが増加してしまったために出てくる症状。

 

若いうちは目立たなくても、加齢とともにはっきりくっきりしてくるのが特徴です。

そもそもが顔のシミは「老人性色素斑」っていうのが正式な病名(?)なくらいですからね。

 

さらに、最近一気に知名度の上がってしまった肝斑。

 

これに悩んでる人もずいぶんといらっしゃるでしょう。

 

 

美白コスメは基本的に、現状よりもシミを増やさない、ブロックする、というのが効果の主軸。

 

既にあるシミやくすみを消すのはあまり得意ではありません。

 

紫外線からの刺激を防いで、メラニンの生成を抑えれば、新しいシミは出来にくくなり、今あるものが老廃物として排出されてしまえば次第に減って行く、という2段論法の発想です。

 

まだ年齢の若い方でしたら、ターンオーバーの周期も28日で新しい皮膚細胞もどんどん作られていますから、この方法でもそれなりに有効だとは思います。

 

 

でも一定の年齢を過ぎてしまえば新陳代謝も活発ではないので、メラニンの排出スピードもそれほど期待は持てません。

 

このため、高価な美白化粧品を何年も使い続けているのにシミが薄くならない、

 

おすすめと言われるハイドロキノンやシミ対策コスメを片っ端からあれこれお試ししてみたのにダメだった・・・

 

なーんていう結果が起こるんです。

 

じゃあ、一生シミがあるままで我慢して暮らすの?

 

考えただけでもお先真っ暗。

 

毎朝鏡を見ては、がっかりする…こんな憂鬱はないですよね。

 

 

そこで手っ取り早いのがレーザーによる「シミ取り」です。

 

美容皮膚科などではQ-YAGレーザーなどで、まさしくシミを剥がしてくれるような治療もあります。

 

というよりも美容医療では「シミはレーザーケアが基本」ともいえるくらい当たり前になっています。

 

シミの大きさで処置の値段は変わってきますが1cm四方で1万円くらいからのクリニックが多いはずです。

 

ところが顔の目立つ部分にできているシミでも、肝斑はレーザー治療があまり効果を奏しません。

 

そもそも肝斑ってしみの出来方が違うんですよね。

 

肝斑と女性ホルモンを結びつけている意見も多いようですけれど、実際には摩擦による刺激が主な原因と考えるべき症状。

 

肝斑が出来ている部分って、じつは顔の中で一番物理的に触っている場所なんですよね。

 

たとえばメイクをするたびにファンデをスポンジで伸ばせばそれも刺激。

 

メイクを落とす際にも頬のあたりからクレンジングを始めますし、洗顔の最中も一番触りやすい部分である事がお分かりと思います。

 

シワにしてもシミにしても、皮膚を擦ることが最大の要因なんですよね。

 

トリアスキンエイジングケアレーザーも、基本的スタンスとしては肝斑は消えない、効果はでないという風になっています。

 

ただ、肝斑を避けないとダメということはありません。

 

メイクやクレンジング、そして洗顔の際に、肝斑部分にできるだけ触れないですむように気をつけていれば、薄くなる可能性も残っていますので諦めないで下さいね。

 

 

 

トリア公式サイトの口コミと感想

トリア・スキン エイジングケアレーザーをいざ購入しようと思っても、値段が高いのを見て躊躇するのがごく一般的な反応でしょう。

 

いわゆるハンディタイプの美顔器なのに約6万円。

(というよりも本当は、レーザーケア機器をこんなに小さくしたのがスゴいんですけどね (;^_^A )

 

いくら著名な美容家の皆さんがコスメ系の雑誌やブログでその良さをおすすめしているからと言って簡単に出せる金額じゃないです。

 

口コミとか体験ブログを私自身も片っ端から読んでました。

 

やはり最初はトリアジャパンの販売ページから見られる公式サイトの口コミを見たのですが、案の定どれも褒めてるだけ。

 

まぁ、自分のトコロの商品をけなしてる評価を載せる事はしないのは当然ですよね。

 

その口コミの評価をいくつか、上げてみると・・・

「お家でエイジングケア?トリア1台で十分ですよ!」

「美容クリニック並みのケアが自宅でできるんです!」

「使えば使うほど愛さずにはいられない製品」

 

などなど、ホントかよ?って、まぁ話半分って感じで参考にしてたんです。

 

それにもともと口コミっていうのは、“効果には個人差があります”が大前提ですからね。

 

「自宅でこんなに簡単にエイジングケアができるなんて、使い始める前には半信半疑でした!」

→そりゃ、わたしだって疑ってます・・・

 
「でも使ってみたら納得の一品です。多少の刺激はありますがすぐに慣れるし」

→多少の刺激って、実際はどんな?

 
「お肌にどんどんハリが出てきて、お肌が若返った感じがします(笑)」

→そんなにすぐに変化が分かるの?

 

 

「お出かけや同窓会にも自信が持てます!」

→って、そもそもそんなに老けてたわけじゃないんじゃないの?

 

 

と、まぁことごとく批判的に裏読みをしてました。

 

それでも、私にも効果あるのかないのかは実際に使ってみないと分からない事なので、返金保証も考慮に入れチャレンジしてみる事に一大決心!

 

こんな風に懐疑的で、トリアスキンエイジングケアレーザーを信じきっていなかった私が、あっという間に虜になっているなーんて想像できなかった事実です。

 

つらくて我慢できないレベルの痛みでもなく、フラクショナルレーザーのようなダウンタイムもなく、家でレーザートリートメントできる時代になったなんて(少々大げさではありますが)夢のよう!

 

かなりなスピードでお肌の感触が昔のように戻りつつあるのは化粧品では真似できない効果だなーっていうのが正直な感想です。

 

 

 

トリア・スキンはどんな美肌効果があるのか?

トリア・スキンエイジングケアレーザーの口コミを読むとシミが消えたっていう感想が多いですね。

 

フラクショナルレーザーはお肌の入れ替えができると言われる施術なので、肌に残ってしまっているメラニンがどんどん排出されて行くのだと思います。

shikisotintyaku

目立つようなシミがあるケースではなくても、肌の色が明るくなると効果を実感する人の書き込みもずいぶん見かけました。

 

 

ただ、タルミとなるとどうなのか?ここは私も微妙かなと感じる部分です。

 

お肌の表面のハリとかは増すんですよね、実際。

 

 

でも、ほうれい線のようなくっきりとしたシワがすぐに消えてくれるのかというと、ちょっと期待薄。

 

 

こういうタルミは顔の真皮よりも奥の部分で起きている事なのでレーザーが届くよりも深い場所をなんとかしないとダメなんですよね。

 

 

でも毛穴の開きとかはけっこうイイです。

 

この効果も即効性を感じられるのもの一つですね。

 

たとえば洗顔後に化粧水や美容液をつけると、一時的にお肌がふっくらしますよね。

 

つけたては水分をたっぷり含んでいますから毛穴も目立ちませんが、しばらく経つと元どおり、なーんていう事もよくある話、

 

でも、トリアエイジングケアレーザーの場合は、ちゃんと長続きしてくれるんです。

 

それって、顔が腫れてるんじゃないの?って(笑)

 

いや、最初は自分でも疑ったんですけれど、そんなことはなくって。

 

それなりに痛い思いをするだけの事はあり、コスメでの効果とは比較にならないなーって感じました。

 

 

 

 

トリア・スキン エイジングケアレーザーの体験ブログ

トリア・スキン エイジングケアレーザーを実際に購入して使っている人の体験ブログを読みました。

 

何人かのブログを読んだんですけれど、みんな効果はあるようなんですがデメリットも大きい風な口コミでしたねー。

 

まずは、なんといっても「痛い」らしい。

 

家庭で美容クリニック並みのレーザーケアができるのは嬉しいですが、本物なだけに痛さもしっかりあるみたいです。

クリニックや美容機関などで使用されている「フラクショナルレーザー」技術は肌を入れ替えるとか、生まれ変わらせるとか言われるくらいスゴいもの。

 

でも、レーザー照射の痛みと腫れでダウンタイムもかなりあるらしいんですよね。

 

フラクセルは美容外科の整形手術とはぜんぜん違いますけれど、それでも相当腫れたり赤くなったりはするそうですから。
トリア・スキンはというと、レーザーを自宅で安全に使用できる優れた美顔器です。

 

使用直後は顔に違和感はありますけれど大体一晩寝れば翌朝には引いてますしね。

 

実際に使ってみると本当に買って良かったと思ってる人が大半じゃないでしょうか?

 

私だって、使った1日目からハリ不足がケアできた気がして、お肌のキメもなめらかになり格段に化粧ノリが変わりましたしねー。

 

痛みがあるとか腫れるっていうのはほとんどの人のブログに書かれてるので、ここは避けては通れない症状だと思います。

 

だからこそ、お肌に美容効果があらわれてくるわけですから、我慢する気になるってモンでしょう。

 

本当はクリニックに行ってみたいけれどちょっと・・・ という方にはかなりおすすめ出来ますね。

 

シミも早い段階から薄くなって来てるので今後の肌の変化が楽しみです。

 

トリア・スキンエイジングケアレーザーはマジでいい?

トリア・スキンエイジングケアレーザーはフラクショナルレーザーの家庭用美顔器。

その高い美肌効果が口コミでは大人気になっています。

毎日のスキンケア前にトリアでのお手入れをプラスすれば良いだけのお手軽さで、美容皮膚科でしか受けられなかったシミや毛穴に対してのレーザートリートメントが可能になったなんてスゴい!

簡単操作ながらも本格的なレーザーを使用している美顔器です。

お顔の中でも使えない部分や使用を避けた方がいい時もあります。

禁忌に関しては必ずチェックして下さいね!

それに、いくらトリア・スキンエイジングケアレーザーの使い方はカンタンでも、コツや注意点は存在します。

中でも使いはじめのレベル設定や使用頻度については要チェック項目。

しっかりと美肌効果を上げるためにも正しいスキンケア方法でお手入れしましょう。

わたしも実際にトリア・スキンエイジングケアレーザーを使ってみているので、2ヶ月(8週間)分の体験談のレビューや感想などもアップしますね。